もらりん医学部へゆく

宅浪生のブログです★

自己紹介

これが現実

「ッ…そうなんですね。」 2015年の春、某大手予備校の男子寮で最初の夕食を取っていた時に向かい合って座っている浪人生の口から「3」という数字が出てきて思わず動揺してしまったボク。そんな私が年齢だけを無駄に重ねて今年の春から「7」という数字の烙印…